スポンサーリンク

ahamo, povo, LINEMO, 楽天の電波エリアと今後の展望を比較

インターネット
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

ドコモ、au (KDDI)、ソフトバンク、楽天のMNO各社の格安プランが出揃い、基本的に料金は各社横並びとなった。
そんな中、料金以外での選択として次に重要なのは電波が入る通信可能エリアだろう。
繋がらなければ携帯電話として意味を成さない。

今回はそれぞれの電波エリアの比較や展望、他サービスもついでに比較してみようと思う。
また私視点ではどこにするかも書くが、あくまで個人的な意見なので参考程度に。
格安プラン選びに迷っている人の参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク

各社の電波(通信可能)エリア

各社4G, 5Gに対応。
4Gのみで見ると、ahamo, povo, LINEMOの通信エリアは各社が提供しているエリアマップを見る限りそこまで大差はない。
ただ、実際にエリアに行って利用できるかは別問題だ。

田舎に住んでいる私としてはドコモとauが基本どこでも繋がる印象だが、逆にドコモが入らないようなスポットはauやソフトバンクが入るというイメージ。
各社プラチナバンドを持っており、昔とは違うのだろうがどうしてもスポット的に電波の入る入らないがあるだろう。
基本的には滞在時間の長い、自宅と勤務先をメインに各社の電波の入り方を比べてみるのが良いと思う。

以下からは各社のエリアの確認リンクと5Gの展望をざっくり書いた。

ahamo (docomo)

ahamoの電波エリアは以下から確認できる。

今後の5Gエリアは現在の4G周波数転用も行うが、基本的に新たに基地局を増やす方針のようだ。
というのも周波数転用の場合速度が出ない点を懸念、また基地局の仕組みがau,SoftBankと違い、転用しにくいようだ。

ただ、5G用周波数が衛星通信と干渉し辛い周波数も割り当てられているのもドコモの強みのようで、他社はそのような周波数が割り当てられていない。
また、4G用、5G用の基地局を分けるので5Gの恩恵をきちんと受けられるメリットもあるだろう。

povo (au)

povoの電波エリアは以下から確認できる。

auの5Gエリアは4Gで使用している周波数の転用も行い進めていくようだ。
基地局のアップデートで転用が行える所もあるようで、5G対応へのスピード感はdocomoに比べて早そうだ。
ただ、5Gと4Gが同じ周波数に混在する為、5Gの恩恵を完全に受けることができないのではという懸念もある。

将来的に4G利用者が少なくなれば、問題はなくなるだろうがまだまだ4Gが主流の現在はどう考えるか悩みどころである。

LINEMO (SoftBank)

LINEMOの電波エリアは以下から確認できる。

SoftBankの5Gエリアもauと同じように、4Gで使用している周波数の転用も行い進めていき、5Gエリアを拡大させる予定だ。

Rakuten UN-LIMIT VI (Rakuten)

Rakuten UN-LIMIT VIの電波エリアは以下から確認できる。

新しいキャリアということもあり、4Gエリアについてもまだまだ発展途上である。
一応、au電波を掴むことで補完はできているが、au電波内では5GBの容量制限があり、楽天モバイルの特徴の容量無制限の恩恵を受けることができない。

電波割り当ても他社に比べて不利で、4G用の電波割り当ても今は1つの周波数帯のみ、auやソフトバンクのように転用する場合でも1つの周波数帯のみで4G,5Gの供用を行う必要があり、速度低下等様々な懸念が出てくる。

その為、基本的に5Gはドコモと同じように基地局を新たに設置する方向のようだ。

現在のところ繋がるという点ではauの電波が入るとはいえ、今後純粋に電波のカバーを増やしても楽天モバイルはプラチナバンドの割り当てがない為、建物内等しっかり繋がってくれるのかが不安だ。

Apple信者目線では

イチApple好きの考え

iPhone

現在の所正式にiPhoneに対応していない楽天モバイルは選択肢の対象外だ。
非公式ながらiPhoneも使用できるが、iOSアップデート等で電波が掴めなくなる事例も発生している。

他3社は格安”プラン”という形で世に出しているので当然iPhoneは使えるだろう。(逆に使えなかったらどうなのだろうか)

Apple Watch

私はApple WatchはGPSモデルなので今は関係ないが、もし格安プランでApple Watchのセルラーモデルが数百円程度で利用できるならば、そのキャリアに乗り換える可能性が大いにある。

だが、現時点では各社とも不明のようだ。
個人的にはpovoの「トッピング」でナンバーシェアがあれば飛びついてしまうと思う。

かんたんにサービスを比較

表で比較

各社のデータ容量、通話オプション等のサービス比較を簡単に見てみよう。

ahamopovoon LINEUN-LIMIT VI
月額 (税抜)2,700円2,480円2,480円〜1GB : 0円
〜3GB : 980円
〜20GB : 1,980円
20GB〜 : 2,980円
データ容量20GB20GB20GB無制限
国内5分かけ放題対応500円500円アプリで無制限かけ放題
eSIM対応予定対応予定対応予定対応

その他の特徴

ahamo

海外82カ国でも20GBのデータ容量内で共有可能。
海外に行く人は魅力的。

2021/3/1発表で、月額が税抜で2,700円となり、280円の値下げが行われた。
また、先行エントリーのdポイントが6,000Pに増額されたほか、
dカード契約者がデータ容量+1GBアップdカードGOLD契約者がデータ容量+5GBアップする。(容量アップは9月から開始予定)
dカードGOLDは10%還元が受けられるようで、毎月300Pほど支払いでポイントがつくようになる。

更なる値下げはもちろんだが、dカード所持者はahamo一択になりそうだ。

povo

5分かけ放題を500円で追加可能。
24時間200円でデータ通信し放題も可能。
急遽データ通信が多くなりそうな日がある場合に重宝しそう。

他このような付加サービスを追加していく予定という。
毎月の使用方法によって無駄のない運用ができそうだ。

なお、先行エントリーでau PAY残高3,000円プレゼントがある。

LINEMO

LINEに限り、トークや通話は容量カウントなし。
基本的にテキスト、音声通話はほとんど気にしない通信量なのであまり意味はないと思っている。
LINEで動画や画像を大量に送ったり、ビデオ通話をかなり行う人は良いかもしれない。
また、LINEスタンプが使い放題になる。

先行エントリーでPayPayボーナス3,000円分プレゼントあり。

UN-LIMIT VI

1GB未満は0円の破格。
契約するだけでアプリ利用の無制限無料電話が可能なので、電話専用のサブキャリアとするのが今のところ有用か。
だが、0simの辿った道が心配である。
また、通信料に応じて段階的に金額が変わるのもライトユーザーからヘビーユーザーまで使いやすそう。

海外でのデータ通信2GBまで無料。
海外向けSMSもアプリ利用で無料。
国際電話が980円でかけ放題。
4社の横並び料金の中で唯一アプリ利用で国内通話が無料。

だが、発信はアプリ利用のためiPhoneの場合、CarPlayやApple Watchでかけることができない。
着信時も携帯からの着信はアプリ経由で着信する為、Apple Watchでの通話ができない等、純正ダイヤラーを使えない欠点がある。

ちなみに一度契約していた回線を解約した後に、再度別回線として契約した場合でも、一回線目であれば1GB未満0円の恩恵は受けられる。
楽天としてはなんとしてでもユーザー数を残したいのだろう。

1年無料キャンペーンが4/7で終了すると案内された。
考え中の人はとりあえず契約だけしてみるのも良いかもしれない。

MVNOはどうなる?

格安SIMと呼ばれていたMVNO(IIJmio、mineo等々)はどうなるのか?

実はこちらも大手3社からMVNO各社に対しての接続料が値下げされるようで、その影響から一部MVNO事業者のプランも値段がMNO(ドコモ、au、SoftBank、楽天)の格安プランを上回る値下げが始まっている。

しかもプレフィックス番号自動付与サービスも提供されるとのことなので、通話の際にわざわざ専用アプリを使って電話をする必要が無くなる見込みだ。

プレフィックス番号とは、電話番号の先頭に決められた番号を付けて発信することで、通話料の割引等を受けられるようにするもの。

使い勝手がMNOと似たような感じになるので、これからMVNOを選択するとすれば、
・昼間と夕方の通信混雑時間帯に快適な速度が出るか
・料金を極限まで抑えたい
・店舗でサービスを受けたい(店舗があるMVNOなら)

と言った感じだろうか。

おたくりんごはどれにするの?

楽天モバイルはiPhone公式対応が今のところ未定なのと、ダイヤラーに純正アプリが使えない(正しくは使えるが無料にならない)点で除外。
ただ、1GB未満無料が続くのであれば、Androidサブ機を電話専用機として契約するかもしれない。

LINEMOはLINEをそこまで多用しないのと、昔の、SoftBankは電波が入らないという経験が妙に頭に残ってしまっているという点、たまにキャンプとかで山地も行くので除外。

ahamoかpovoに絞られるわけだが、現在のところはahamoを契約する気持ちではある。
電話をすることはあるのだが、そこまでしない微妙なユーザーなので5分かけ放題が必要なのかかなり微妙なラインなのでかなり迷っている。
povoのトッピング制もかなり魅力的だ。

MNP手数料も無料となるようなので、使用状況に応じてahamoやpovoを行き来することになるかもしれない。
先ほど述べたようにApple Watch対応があればそのキャリアに固定すると言った感じに私はなると思う。

終わりに

いよいよ携帯通信料も低価格化が本格化してきた形だ。
楽天が段階プランで攻勢をかけてきて、ahamoも更に月額改定、今後他の2社はどういう動きになるかも注目だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました